田原市福利厚生(ふくりこうせい)とは、

  • 福利厚生は会社(介護施設)が社員(従業員)に対して給与の他に手当として支払われるものです。
    また、社員(従業員)だけでなく、配偶者や家族の為に支払われるものもあります。

    福利厚生の種類

    福利厚生には「社会保険」「厚生年金」の法定内福利と、会社(介護施設)が設定する法定外福利があります。

田原市の福利厚生を具体的に考える

  • 法定内福利厚生の種類

    【労働保険】よく聞きますね。労働保険は、労働者災害補償保険と雇用保険の2つを総称して労働保険といいます。
    ■労働者災害補償保険とはよく聞く「労災」のことです。
    業務上災害(就業中の事故)や通勤災害(通勤途中の事故)に対し、治療費、休業補償などが給付されます。
    ■雇用保険は転職、解雇、会社の倒産、一身上の都合などで、失業した場合に所定の失業給付を受けられるものです。

    上記の保険は、労働者(パートタイマー、アルバイト含む)を一人でも雇用していれば、業種・規模の如何を問わず労働保険の適用事業となり、事業主は成立(加入)手続を行い、労働保険料を納付しなければなりません。

    ここで気になるのが会社が独自に設定している『法定外福利』だと思います。
    この法定外福利が充実している会社(介護施設)ほど、就職してから安定した生活を保つことが出来ると思います。

    法定外福利厚生の種類

    ■余暇・娯楽関連:社員旅行やクラブ活動などの社内で余暇活動を行ったり、スポーツクラブや保養所などを格安で利用できる制度などがあります。
    ■住宅関連:家賃の補助を手当として支給したり、独身寮や、社宅などを保有している企業もあります。

    法定外福利厚生を具体的に
    経団連の調査では次のように分類されています。
    (1)住宅 社宅などの給与住宅、持ち家援助
    (2)医療・保健 診療所などの医療施設、健康診断など保健衛生
    (3)慶弔・共済・保険 団体生命保険など
    (4)生活援護 食堂、売店、作業衣支給、通勤バス、保育所、育英資金、ホームヘルプ制度
    (5)文化・体育・レクリエーション
    (6)その他 法定福利付加給付、財産形成など。

    就職先・転職先を選択する時の参考にして頂ければ幸いです。
    有給休暇や家族手当・住宅手当など見落とさないで下さいね。

田原市 介護の取り組み

  • 神奈川県 福祉・介護の人材確保の取り組み

    福祉・介護の仕事は、誰もが安心して生き生きと暮らしていくために、なくてはならない大切な仕事です。
    また、人と人とのふれあいの中で喜びを感じることができ、ますます活躍が求められる仕事でもあります。
    ここでは、その魅力や、人材確保のための県の取り組みを紹介します。

    社会福祉施設等の求人情報

    福祉の仕事のことを知りたい、どのような求人があるのか、働きながら勉強するための研修はどのようなものがあるのかなどのご相談や情報提供に応じ、就職活動のお手伝いをしています。

    高校生介護職場体験促進事業

    「高校生介護職場体験促進事業」がスタート
    -全ての県立高校生に福祉・介護の仕事の魅力を伝えます!-


    全ての県立高校・中等学校において福祉や介護に関する授業、出張介護授業、インターンシップによる職場体験を実施し、「知る」「聴く」「体験する」が一体となった取組みを通して、高校生が福祉や介護の仕事の魅力に触れ、関心を高めることで、将来的な福祉・介護人材の確保につなげる事業です。

    介護職員認定研修

    本事業は、地域の特別養護老人ホーム等がネットワークを組織(グループ)し、「地域共同研修方式」により介護サービスの質の向上や介護現場で中心的役割を担うチームリーダーを育成するために「県独自の認定研修」を実施し、介護人材の育成と定着の促進を図る事業です。

    神奈川県版ファーストステップ研修

    地域の施設が共同で、現場の中核となるチームリーダーを養成するために、介護福祉士資格取得後2年程度の実務経験のある職員を対象に「ファーストステップ研修」を実施します。

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

40歳以上の介護士・ヘルパーの転職・就職求人情報!

このサイトでは、年齢を気にせず介護士・ヘルパーの求人情報を探せます。
紙の求人票やインターネット検索で公開される求人情報だけではなく、好待遇の非公開求人情報もご紹介して、あなたの介護職への転職・就職に役立つ情報を提供します。


40代以上だとハロワで就職・転職活動は難しい?

40歳以上になると、ハロワでの介護職・ホームヘルパーのお仕事探し大変ですよね。

40代以上だと、就職・転職活動が久しぶりという方も多いと思います。

就職・転職活動をすべてを1人でやらないといけないとなると、不安ですよね。

・ハローワークの介護の求人情報は、自宅でもインターネット検索できます。でも、そのためには1度ハローワークで手続きをしないといけません。

・しかも、応募する時には、またハローワークまでいかないといけません。

・求人を見つけて応募しようとすると、また番号札を取って順番を待って・・。紹介状をいただいて・・・と待ち時間だけでもかなりを要します。

・履歴書の書き方、面接の仕方のセミナーは開催されていますが、「介護」に特化したものではありません。


これでは時間と労力がかなり奪われてしまいます。

就職先で力を出したいのに、就職活動で力を吸い取られる感じがしていませんか。

40歳代は要注意!紙の求人情報では介護施設の雰囲気は分からない!

ハローワークの求人票から、どれだけの情報が分かるでしょうか。

40歳代以上なら、なるべく最後の職場にしたい・・という方も多いと思います。
その場合、希望条件は、スタッフの人柄、施設の雰囲気、施設長がスタッフをどれだけ大事にしているか、というソフト面を優先したいですよね。

しかし、求人票からはソフト面は読み取ることができません。

唯一、面接をするときのわずかな時間でのみ、わずかな情報を入手できます。
ですが、面接の前に知っておきたいですよね。



ハロワにはない情報満載!介護士・ヘルパーの好待遇・高給料の求人情報はここにある!

40歳代、50歳代におすすめの好待遇・高給料の求人情報を探す場合、2つの方法があります。



1、求人サイトに登録して、ハローワークにはない情報を見る。

無料の求人サイトに登録して、希望条件等を入力して情報を検索、見合う求人を見つけたら応募する、という流れです。
1人で求人情報を検索したい方、お急ぎではない方におすすめです。

2、転職・就職支援サイトに登録して、転職エージェントと一緒に就活や転職をする

ソフト面の情報が欲しい時は、介護業界で長年転職・就職活動やパート・アルバイト探しのサポートをしているプロに相談してみるのが一番早く、適切な情報が入ってきます。
また、求人情報の提供だけでなく、面接の指導や、就職後のフォローまでしてくれます。
就活や転職を急いでいる方、一生の職場を探している方、慎重に選びたい方におすすめです。


おすすめの、求人サイト、転職支援サイトはこちらで紹介しています


他では見られない案件

ケアマネージャー求人は、ハローワークの求人情報でも探すことが出来ますが手間や時間などがかかります。

特に、仕事をしていると時間が取りにくく、求人情報を見つけるのも難しいです。

そこで、活用したいのがハローワーク以外でケアマネージャーの求人を専門に扱っている人材紹介サイトです。

人材紹介サイトでは、スムーズに転職や就職が出来るように、面接日の調整や条件の交渉など、コンサルタントが行ってくれて、求人先の現場の雰囲気も教えてくれるので安心して就職が出来ます。

また、通常の求人情報では見つけにくい、高い給料や昇給など好待遇の求人や経験を活かせるオープニング求人などの非公開求人も多く、希望にあった求人を見つけることが出来ます。

ハローワークにはない細かいサービスで理想の転職をサポートしてくれます。

新規オープンの介護施設や事務所の仕事、主任クラス以上などの少ない求人など他では見られない案件も多くあります。

そして、登録やサービスを利用するのは無料です。

手数料などの費用はかからないので、無理なく利用出来ます。

未経験でもハードルが低い職場は?

未経験でも受け入れてもらいやすい職場もある!

未経験OK!初心者歓迎!受け入れてもらいやすい職場であれば、「デイサービス」や「グループホーム」がおすすめです。

※デイサービス(通所介護)は昼間に日帰りで受けられる介護サービスのことです。
※グループホームは5~9人のユニット単位で互いに役割を分担しながら、生活をします。比較的軽度の認知症高齢者が利用しています。

デイサービス(デイケア)では基本的に夜勤がありません。
認知症の利用者も受入れがあるので、そういったところでは大変ではありますが、寝たきりの人への対応がないため身体的介護が少なく体力的な負担は少ないです。
また、残業もほとんどないという職場が多いです。

施設というより「家」のような感覚なので利用者にとっても介護士にとっても自宅にいるような感覚で過ごせます。

ただ、レクリエーション等で人前で1人で明るく話さないといけない場面があります。
やっているうちに慣れてくる人がほとんどですが、あがり症の方には少し大変かもしれません。

グループホームは夜勤こそありますが、認知症も軽度ですしグループ単位で過ごすため利用者の把握がしやすく密接な介護ができます。

ただ、施設によっては仕事がきつい、介護職員もグループになって動くために人間関係に悩む人も多いようです。

事前に雰囲気を見学したり、介護専門求人サイトを利用して就業後もサポートしてもらうような体制をとっておくと安心でしょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

介護施設地域検索

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ