福岡県福利厚生(ふくりこうせい)とは、

  • 福利厚生は会社(介護施設)が社員(従業員)に対して給与の他に手当として支払われるものです。
    また、社員(従業員)だけでなく、配偶者や家族の為に支払われるものもあります。

    福利厚生の種類

    福利厚生には「社会保険」「厚生年金」の法定内福利と、会社(介護施設)が設定する法定外福利があります。

福岡県の福利厚生を具体的に考える

  • 法定内福利厚生の種類

    【労働保険】よく聞きますね。労働保険は、労働者災害補償保険と雇用保険の2つを総称して労働保険といいます。
    ■労働者災害補償保険とはよく聞く「労災」のことです。
    業務上災害(就業中の事故)や通勤災害(通勤途中の事故)に対し、治療費、休業補償などが給付されます。
    ■雇用保険は転職、解雇、会社の倒産、一身上の都合などで、失業した場合に所定の失業給付を受けられるものです。

    上記の保険は、労働者(パートタイマー、アルバイト含む)を一人でも雇用していれば、業種・規模の如何を問わず労働保険の適用事業となり、事業主は成立(加入)手続を行い、労働保険料を納付しなければなりません。

    ここで気になるのが会社が独自に設定している『法定外福利』だと思います。
    この法定外福利が充実している会社(介護施設)ほど、就職してから安定した生活を保つことが出来ると思います。

    法定外福利厚生の種類

    ■余暇・娯楽関連:社員旅行やクラブ活動などの社内で余暇活動を行ったり、スポーツクラブや保養所などを格安で利用できる制度などがあります。
    ■住宅関連:家賃の補助を手当として支給したり、独身寮や、社宅などを保有している企業もあります。

    法定外福利厚生を具体的に
    経団連の調査では次のように分類されています。
    (1)住宅 社宅などの給与住宅、持ち家援助
    (2)医療・保健 診療所などの医療施設、健康診断など保健衛生
    (3)慶弔・共済・保険 団体生命保険など
    (4)生活援護 食堂、売店、作業衣支給、通勤バス、保育所、育英資金、ホームヘルプ制度
    (5)文化・体育・レクリエーション
    (6)その他 法定福利付加給付、財産形成など。

    就職先・転職先を選択する時の参考にして頂ければ幸いです。
    有給休暇や家族手当・住宅手当など見落とさないで下さいね。

福岡県 介護の取り組み

  • 愛知県介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    代替職員の確保等による研修機会の確保

    ○ 介護現場に従事する者が研修(実務者研修、喀痰吸引等研修、初任者研修等)を受講する際に必要な代替職員の雇用に要する人件費を補助する。【基金】

    ⇒○約120名の者を左記の研修へ派遣することにより、研修参加者の資質向上が図られる。

    小規模事業所の協働による研修支援

    ○ 介護に関わる各種団体(市町村、介護人材の養成に関係する団体、介護事業所等)が行う、介護従事者の資質向上を目的とした事業の実施に要する経費を補助する。【基金】
    ※資質向上に係る研修については、介護事業所の規模に関わらず助成する。

    ⇒○計約460回の各種研修に対して補助を実施することにより、研修参加者の資質向上が図られる。

    事業所内保育所の運営支援による出産・育児との両立支援

    ○ 事業所内に保育施設を設置した場合の運営に係る経費を補助する。【基金】

    ⇒○介護施設に従事する職員の離職防止及び再就業の促進。

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○ 介護事業所が法律・財務・労務関係の相談・指導を必要とした場合に、専門家によるアドバイスを実施するための経費を補助する。【基金】

    ⇒○来所、訪問、電話による事業所運営に関する相談(年間100件を想定)の場を設けることにより、各事業所での良好な職場環境を整備し、介護人材の定着を図ることができる。

    愛知県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○ 喀痰吸引等業務を行う介護職員等を養成するため、指導者向けの研修を実施する。【基金】
    ○ 医療従事者を対象とした認知症対応力向上研修及び認知症受入れ体制づくりのための病院個別指導を実施(政令市が同研修を実施する場合は経費を補助)する。【基金】

    ⇒○喀痰吸引等研修を行う指導者(医師・看護師等)を600名養成する。
    ○医療従事者の認知症対応力1,000名の向上。認知症患者の受入体制づくり病院16か所の促進。

    その他の「資質の向上」の取組

    ○ 主に心身機能の回復リハビリを職務としている専門職に対し、高齢者の生活行為の回復を目的とした研修を行う。(委託)【基金】
    ○ 権利擁護人材の養成研修及び支援体制の整備に必要な経費を補助する。【基金】

    ⇒○地域リハビリへの理解が進んだリハビリ専門職900名を養成する。
    ○市民後見人60名を養成する。

    人材育成に取り組む事業所の認証評価制度の検討状況

    【現状】
    優良な事業所を評価する評価基準を検討している。

    【今後】
    ・介護人材育成に取り組む事業所の中から、優良の事業所を評価する評価基準を10月までに策定
    ・介護人材育成に取り組んでいる事業所を募集(11月~12月)
    ・優良事業所の審査・認定(1月~2月)
    ・優良事業所への認定証交付(3月)

介護職の求人は、転職支援サイトで見つける

転職支援サイトに登録すると、夜勤なしの求人情報や非公開の求人情報を教えてくれるだけでなく、たくさんの手厚いサポートをしてくれます。
だからこそ、介護福祉施設の中でもお給料が高い介護施設、雰囲気のいい介護施設に、より早く就職・転職できるんです。

介護職の転職・就職に詳しい転職のプロに頼むメリット

介護職員さんの転職サポートを専門にするアドバイザーが、完全無料で納得の転職を実現するためのお手伝いをしてくれます。


夜勤なしのお仕事を探しているあなたの希望条件に見合った求人を提供してくれます。

インターネットや雑誌で夜勤なしの求人や募集情報を探す時、「もっと深い情報や現場の情報が欲しい」と思ったことはないですか?
転職をサポートしてくれるアドバイザーは、現場のことをとてもよく知っていて、普通はそこで働いていないと分からないような情報をたくさん知っています。
現場の雰囲気やどんな上司か・・・などの情報をあなたに事前に伝えられるよう、しっかり現場を訪問しているのです。

これで、インターネットや雑誌に掲載されている求人情報からは分からない、夜勤なしの介護士求人の中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができますね!
後悔のない、納得の転職が実現できるのです!


転職の際につい見落としがちになってしまう注意点なども、アドバイスしてくれます。

面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれるところもあります!

介護業界の求人について

一般的な仕事は都心部に求人が集中するという特徴がありますが、介護の業界においてはどの都道府県においても介護士の求人があるという特徴があります。

その理由は全国的に介護が必要な高齢者がいるからです。

特に人口が少ないところでは過疎化が進んでおり、地域における高齢者の割合は高くなっています。

若者の人口は逆に少ないため介護施設においては介護士が不足している状況であり、多くの介護士の求人があります。

では、どのような介護施設で募集があるのでしょうか。

まずは介護保険に関するものです。

老人保健施設や特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設は数も多いため、多くの求人があります。

介護保険でないものとしては有料老人ホームがあります。

今後は介護保険施設だけではすべての介護を負担することは難しいと考えられており、全国的にも数が増えてきているという特徴があります。

民間運営の為、場合によっては高い待遇での求人を見つけることも可能です。

未経験OKの介護職求人情報

介護のお仕事が未経験や初心者であっても介護施設で働きたいのであれば、今も高待遇の求人情報が届いています。

しかし、あなたの希望どおりの就職や転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

ケアマネージャー・ホームヘルパー・介護士等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。
ましてや、未経験・初心者で就職を希望する場合には、しっかりとした情報収集と戦略が必要になってきます。

あなたが転職したい介護関連企業や周辺情報に精通した専門家に相談して、この転職・就職を成功させるまで完全無料でサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職・就職が成功するように必要なアドバイスもしてくれて、あなたが夢を叶えるまで責任を持ってサポートしてくれます。

よりよい職場に就職するために、専門家のアドバイスを受けてみませんか?

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護職福利厚生が有る介護施設

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ