鹿児島県福利厚生(ふくりこうせい)とは、

  • 福利厚生は会社(介護施設)が社員(従業員)に対して給与の他に手当として支払われるものです。
    また、社員(従業員)だけでなく、配偶者や家族の為に支払われるものもあります。

    福利厚生の種類

    福利厚生には「社会保険」「厚生年金」の法定内福利と、会社(介護施設)が設定する法定外福利があります。

鹿児島県の福利厚生を具体的に考える

  • 法定内福利厚生の種類

    【労働保険】よく聞きますね。労働保険は、労働者災害補償保険と雇用保険の2つを総称して労働保険といいます。
    ■労働者災害補償保険とはよく聞く「労災」のことです。
    業務上災害(就業中の事故)や通勤災害(通勤途中の事故)に対し、治療費、休業補償などが給付されます。
    ■雇用保険は転職、解雇、会社の倒産、一身上の都合などで、失業した場合に所定の失業給付を受けられるものです。

    上記の保険は、労働者(パートタイマー、アルバイト含む)を一人でも雇用していれば、業種・規模の如何を問わず労働保険の適用事業となり、事業主は成立(加入)手続を行い、労働保険料を納付しなければなりません。

    ここで気になるのが会社が独自に設定している『法定外福利』だと思います。
    この法定外福利が充実している会社(介護施設)ほど、就職してから安定した生活を保つことが出来ると思います。

    法定外福利厚生の種類

    ■余暇・娯楽関連:社員旅行やクラブ活動などの社内で余暇活動を行ったり、スポーツクラブや保養所などを格安で利用できる制度などがあります。
    ■住宅関連:家賃の補助を手当として支給したり、独身寮や、社宅などを保有している企業もあります。

    法定外福利厚生を具体的に
    経団連の調査では次のように分類されています。
    (1)住宅 社宅などの給与住宅、持ち家援助
    (2)医療・保健 診療所などの医療施設、健康診断など保健衛生
    (3)慶弔・共済・保険 団体生命保険など
    (4)生活援護 食堂、売店、作業衣支給、通勤バス、保育所、育英資金、ホームヘルプ制度
    (5)文化・体育・レクリエーション
    (6)その他 法定福利付加給付、財産形成など。

    就職先・転職先を選択する時の参考にして頂ければ幸いです。
    有給休暇や家族手当・住宅手当など見落とさないで下さいね。

鹿児島県 介護の取り組み

  • 三重県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○喀痰吸引等業務を行う介護職員を養成するため、介護職員向け研修及び指導者向け研修を実施。【基金】
    ○認知症ケアに携わる人材育成のための各種研修を実施。【基金】
    ○介護職員のチームリーダーとして必要な資質向上のための研修を実施。【基金】

    ⇒○喀痰吸引等を行うことができる介護職員を90名養成
    ○喀痰吸引等の研修指導者を100名養成 等

    その他の「資質の向上」の取組

    ○成年後見人の養成及び活動を支援する事業への支援。【基金】

    ⇒○成年後見人の養成と制度の理解促進

    介護支援専門員の資質向上等

    現状と課題

    ○介護や支援が必要な方が可能な限り住み慣れた地域で、その人らしい、自立した生活を送るためには、多様なサービス主体が連携して支援できるよう、適切にケアマネジメントを行うことが重要です。介護支援専門員はその中心的な役割を担い、介護保険法に基づいてケアプランを作成する専門職です。
    三重県では、介護支援専門員の養成に努めています。

    ○介護支援専門員として業務を行うには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格して一定の研修を受け、介護支援専門員として登録することが必要です。
    2006(平成 18)年4月の介護保険制度改正により、5年ごとの介護支援専門員証の資格更新が義務づけられ、更新のための研修のほか、キャリアに応じた研修制度が創設されました。三重県では、これらの研修の実施主体となり、介護支援専門員の資質向上に必要な研修を養成段階に応じ体系的に実施するとともに、介護支援専門員の資格管理を行っています。

    ○三重県では、2010(平成 22)年度までに 7,814 人が試験に合格し、7,792 人が登録されています。しかしながら、2010(平成 22)年度までの更新対象者 5,346 人の内、更新・登録した者は、約 3,000 人とおおよそ 6 割に止まっています。
    今後、要介護高齢者の増加が予想され、それに対応するためには介護支援専門員の確保が必要な状況となっています。

    ○今後の増加が予想される医療依存度の高い利用者に対して、適切なケアマネジメントのできる介護支援専門員の養成が必要となっています。
    しかしながら、試験合格者の基礎職種別構成割合では、介護職を基礎資格とする介護支援専門員が多く、医療職は少ないという傾向があります。

    ○三重県では、介護支援専門員の各研修について、一定のレベルと統一的・体系的な研修内容を確保するため、介護支援専門員資質向上研修検討委員会を設置(2010(平成 22)年 4 月)し、研修階層に応じた到達目標や指導ポイント等、三重県版の基本指針を 2011(平成 23)年度に策定しました。

    県の取組

    ○介護支援専門員は、介護保険制度の根幹をなす重要な役割を担っており、引き続き必要な人材の養成を行うとともに、体系的な研修の実施により、資質向上に努めます。

    ○介護支援専門員資質向上研修検討委員会で策定した県の基本指針に基づき、研修の企画・立案、研修の実施、評価、その後の研修への反映といったPDCAサイクルを構築し、研修の実効性を確保していきます。

    ○医療ニーズに対応し、医療と介護の連携を実現できる人材を養成するため、医療知識や医療との連携方法など、医療系の研修課目の必須化を図ります。

    ○要介護高齢者等に対し地域で包括的な支援を実現していくため、2014(平成26)年度までに主任介護支援専門員の登録数を 776 人(2011(平成 23)年度末 566 人)とすることを目標に養成していきます。さらに、研修の充実、フォローアップ研修等の実施により介護支援専門員の資質向上を図ります。

転職する時のキャリア査定

転職をするにあたり自分の市場での価値がどのくらいなのかを知ることは重要です。

もちろん、待遇だけが仕事を選ぶ基準ではありませんのであくまで1つの指標として考えてください。
自分の市場での価値をある程度事前に把握して、あとは自分の納得度合いに応じて活動を進めていくというのが客観的な目を持つという意味で重要になると思います。

次の項目は、各施設の給与相場(全国平均給与)のデータになります。

今のあなたのお給料と比較してみると、全国平均給与より高いのか低いのか、ご自分のキャリア査定の目安にもなると思います。

高齢化社会に伴う介護施設の重要性

高齢化社会に伴う介護施設の重要性が高まる中、あなたのお住いの近くでも介護施設の増設を進めています。

夫婦共働きが増える現代社会において、介護問題は深刻な問題になっています。

女性の社会進出が進められている背景もあり、新しく建てられる介護施設が多くみられています。

それに伴い介護施設では、介護士求人に力をいれています。

いまやハローワークなどでも介護士求人は多く見られています。

その背景には施設の急激な増加に介護士が不足しているという側面があります。

いま、社会復帰や仕事を探している人には介護士求人がおすすめです。

資格の取得も職場で支援しているところも多くありますし、新しい施設が多いということは、その職場を1からつくることに参加できます。

これはなかなか普通の仕事ではできないことですし、働きながら学ぶことができる介護の特徴とも言えると思います。

男性だけでなく女性にも行うことができる仕事なので、今後介護士求人には注目です。

介護士・ヘルパーのパート求人情報

ハローワークにはない求人情報もあること、ご存じですか?

介護の転職や就職を応援する会社が運営するサイトには、ハローワークにはないパート求人の情報が多く掲載されています。

例えば、介護士の3人に1人、約50万人の会員が利用する国内最大級の介護求人検索サイト
こちらには、ハローワークは他の介護の求人検索サイトには無い案件が多数あります。

あなたの近くの介護施設の求人があるかもしれませんよ。

また、ハローワークと違って、
・スタッフ・施設長の雰囲気
・現場でしか知りえない情報
などの細かいことを知っている転職のプロ”が一緒に転職・就職をサポートしてくれる会社もあるんです!

・子育てとの両立で悩まれている方
・パート勤務か、正社員か悩まれている方
など、1人で悩んでしまって先に進めない方や、後悔したくない方におすすめです。

あなたのやる気をきちんと聞いて、全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

1【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので16時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。
  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料や時給がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。
  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。

これらを漠然と考えていても、なかなかいい求人が見つからなかったり、迷いが出たりします。
1人で悩まずに、介護職の転職に詳しい専門家の無料相談を気軽に受けてみてください。

あなたの本当の気持ちが見えて、失敗のないお仕事探しができますよ。

一緒に、両立できる就職先を探しましょう。

介護施設と一口に言っても、多くの種類がありますね。
それに、同じデイサービスと言っても、仕事内容はたくさんあります。
先ほど考えた、【1】あなたの希望を叶え、【2】意欲を発揮できる施設はどこでしょうか。

介護施設にはたくさんの種類があります。

あなたの希望するお仕事内容は、どの施設なら希望が叶うでしょうか。か?
どこの施設なら家庭とお仕事を両立できるでしょうか。
どこの施設なら、あなたの意欲や経験・知識で貢献できますか?


ここまで、1人で考えられる方は、ハローワークにはないパート求人情報を検索してみましょう。

・1人ではよく分からない方
・介護施設の雰囲気や、従業員、利用者さんの情報等、ソフト面の情報が欲しい方
・無料でプロに相談したい方
は続きを読んでください。

求人情報からは求人施設の雰囲気までは分からない!

残念ながら、あなたがどれだけ意欲を持っていても、法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があれば、働き甲斐は感じられません。
あなたの能力も発揮しにくくなります。

ハローワークの求人情報から、どれだけの内容が分かるでしょうか。
スタッフの人柄、施設の雰囲気、施設長がスタッフをどれだけ大事にしているか、などを知りたくても、ハロワの求人情報から読み取ることができません。
唯一、面接をするときのわずかな時間でのみ、わずかな情報を入手できます。
ですが、面接の前に知っておきたいですよね。

介護の求人情報は、アルバイトの求人サイトや転職サイトにたくさん掲載されています。そこで自分で検索しても、やはり施設の雰囲気を読み取るのは難しいです。

そんな時は、介護業界で長年転職やパート・アルバイトのサポートをしている、パート勤務のプロに相談してみるのが一番早く、適切な情報が入ってきます。
また、求人情報だけでなく、面接の指導や、就職後のフォローまでしてくれます。

  • 介護職員さんの転職サポートに専門特化したキャリアエージェントが、完全無料で納得のパート勤務を実現するためのお手伝いをしています。
  • パート探しの際につい見落としがちになってしまう注意点なども、アドバイスさせていただきます。
  • ただ求人を紹介するだけでなく、パート転職のプロとして、面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップ致します!
  • 全国の病院や介護施設の採用担当者と継続的かつ、密に情報交換をしています。
  • ただ情報を蓄えるだけでなく、定期的に現場に足を運び、そこで実際に働いている介護職員さんから生の現場の情報を集めています。
  • インターネットや雑誌に掲載されている求人情報からは分からない、中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができます。


求人情報を見ながら一人で考える時間ももちろん必要です。
ただ、行き詰ったなら、プロに相談してみてはいかがでしょうか。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護職福利厚生が有る介護施設

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ