神奈川県福利厚生(ふくりこうせい)とは、

  • 福利厚生は会社(介護施設)が社員(従業員)に対して給与の他に手当として支払われるものです。
    また、社員(従業員)だけでなく、配偶者や家族の為に支払われるものもあります。

    福利厚生の種類

    福利厚生には「社会保険」「厚生年金」の法定内福利と、会社(介護施設)が設定する法定外福利があります。

神奈川県の福利厚生を具体的に考える

  • 法定内福利厚生の種類

    【労働保険】よく聞きますね。労働保険は、労働者災害補償保険と雇用保険の2つを総称して労働保険といいます。
    ■労働者災害補償保険とはよく聞く「労災」のことです。
    業務上災害(就業中の事故)や通勤災害(通勤途中の事故)に対し、治療費、休業補償などが給付されます。
    ■雇用保険は転職、解雇、会社の倒産、一身上の都合などで、失業した場合に所定の失業給付を受けられるものです。

    上記の保険は、労働者(パートタイマー、アルバイト含む)を一人でも雇用していれば、業種・規模の如何を問わず労働保険の適用事業となり、事業主は成立(加入)手続を行い、労働保険料を納付しなければなりません。

    ここで気になるのが会社が独自に設定している『法定外福利』だと思います。
    この法定外福利が充実している会社(介護施設)ほど、就職してから安定した生活を保つことが出来ると思います。

    法定外福利厚生の種類

    ■余暇・娯楽関連:社員旅行やクラブ活動などの社内で余暇活動を行ったり、スポーツクラブや保養所などを格安で利用できる制度などがあります。
    ■住宅関連:家賃の補助を手当として支給したり、独身寮や、社宅などを保有している企業もあります。

    法定外福利厚生を具体的に
    経団連の調査では次のように分類されています。
    (1)住宅 社宅などの給与住宅、持ち家援助
    (2)医療・保健 診療所などの医療施設、健康診断など保健衛生
    (3)慶弔・共済・保険 団体生命保険など
    (4)生活援護 食堂、売店、作業衣支給、通勤バス、保育所、育英資金、ホームヘルプ制度
    (5)文化・体育・レクリエーション
    (6)その他 法定福利付加給付、財産形成など。

    就職先・転職先を選択する時の参考にして頂ければ幸いです。
    有給休暇や家族手当・住宅手当など見落とさないで下さいね。

神奈川県 介護の取り組み

  • 秋田県介護計画策定の趣旨

    ●秋田県では、平成22年の国勢調査において、高齢化率が全国一となる29.6%となりました。
    平成26年10月1日現在の高齢化率は32.6%と、全国平均の26.0%を6.6ポイント上回っており、依然として全国一の高齢化率となっています。
    (高齢化率は秋田県年齢別人口流動調査及び総務省統計局公表の人口推計データ)
    また、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計では、平成42年には全国で秋田県だけが40%を越えて、41.0%にまで達していると推計しています。
    ●秋田県では、平成12年3月に「秋田県介護保険事業支援計画・第2次老人保健福祉計画」を策定し、その後、3年ごとに同計画を策定しており、平成24年度から平成26年度までを計画期間とする「第5期介護保険事業支援計画・第6期老人福祉計画」では、新たに地域包括ケアシステムの実現のための取組をスタートし、医療・介護・福祉連携促進協議会の開催や、セミナーの開催などを行ってきました。
    ● 平成27年度から平成29年度までを計画期間とする「第6期介護保険事業支援計画・第7期老人福祉計画」については、いわゆる「団塊の世代」が75歳以上となる平成37年を見据えた中長期的な視野に立った施策の展開を図るとともに、高齢化率全国一の秋田県として、地域包括ケアシステムの実現に必要な取組をより一層発展させていく施策を進める計画とします。

    各種施策を総合的にスピード感をもって進め、地域包括ケアシステムの早期実現を図る

    ● 本県の高齢化率は全国一である状況が続いており、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計によると、今後も本県の高齢化率は増加し続け、平成42年には全国で本県のみが40%を越え、41.0%にまで達するとしています。
    ● 高齢化率の増加に伴って、介護を必要とする人や認知症の人も増加すると見込まれます。
    ● 平成24年4月施行の改正介護保険法において、様々な専門分野が連携し、介護が必要な人や高齢者などを、地域で包括的に支援していく『地域包括ケアシステムの構築』が提唱されました。
    これは、日常生活に必要な医療、介護、介護予防、住まい、生活支援のサービスを利用者のニーズに合わせて、一体的に切れ目のない支援をしていくものです。
    ● 国では、平成37年を目処に地域包括ケアシステムの実現を目指していますが、高齢化率が全国一である本県においては、各種施策を総合的にスピード感を持って進め、高齢者等が住み慣れた地域で暮らすことができるようにするため、地域包括ケアシステムの早期実現を図る必要があります。

    訪問系サービス

    ● 一人暮らしの高齢者や高齢者のみで構成される世帯が増加する一方、共働きも増加し、日中に自宅で独りとなる要支援・要介護高齢者の増加などにより、訪問系サービスの需要は増加し、それに応じて事業所数も増加しています。
    ● サービス利用者の増加に対応した適切なサービス提供ができるよう事業者を指導します。
    ● なお、介護予防訪問介護は、平成30年4月1日までに地域支援事業に移行します。

    通所系サービス

    ● 一人暮らしの高齢者や高齢者のみで構成される世帯が増加する一方、共働きも増加し、日中に自宅で独りとなる要支援・要介護高齢者の増加などにより、通所系サービスの需要は増加し、それに応じて事業所数も増加しています。
    ● サービス利用者の増加に対応した適切なサービス提供ができるよう事業者を指導します。
    ● なお、小規模な通所介護事業所は、平成28年度に地域密着型サービスに、介護予防通所介護は、平成30年4月1日までに地域支援事業に移行します。

    入所系サービス

    ● 短期入所生活介護・介護予防短期入所生活介護は、近年、施設の整備が進み増加しており、サービス供給量も伸びています。
    今後も利用者数、事業所数共に増加が見込まれます。
    ● 整備に当たっては市町村との連携をこれまで以上に密にします。
    ● 特定施設入居者生活介護については、県の老人福祉圏域ごとの整備計画と市町村の整備計画の整合性に留意し、県と市町村が連携して指定をします。

    福祉用具サービス及び住宅改修

    ● 福祉用具貸与及び特定福祉用具販売を効果的な生活支援とするためには、介護支援専門員の関わりが重要です。
    ● 住宅改修では、手すりの設置や段差の解消の工事等にサービス利用の増加が見込まれます。
    ● サービス利用者の増加に対応した適切なサービス提供ができるよう事業者を指導します。

    居宅介護支援・介護予防支援

    ● 要支援・要介護認定者数の増加に伴い、サービス利用の増加が見込まれます。
    ● 利用者数の増加に対応できるよう、介護支援専門員数の確保とともに、各種の研修による資質向上を図ります。

    地域密着型サービスの供給見込量

    ● 一人暮らしの高齢者や認知症高齢者の増加等が見込まれることから、要介護状態になっても、できる限り住み慣れた家庭や地域で生活が継続できるよう、地域密着型サービスの基盤を拡充することが必要です。
    ● 特に、定期巡回・随時対応型訪問介護看護や、看護小規模多機能型居宅介護の導入に向け、情報提供を行うなど、市町村の事業所整備を支援します。

    定期巡回・随時対応型訪問介護看護

    ● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

    夜間対応型訪問介護

    ● 一人暮らしや夫婦だけの高齢者世帯に対する24時間の安心感を提供できるサービスとして、今後、利用が増加するものと見込まれます。
    ● 平成26年度までは利用が無い状況ですが、今後、都市部を中心としてサービス提供体制の整備を支援します。

    認知症対応型通所介護、介護予防認知症対応型通所介護

    ● 認知症高齢者ができる限り、なじみの事業所において、家庭的な環境のもとでサービス提供されることから、このサービスに対する利用は今後も増加するものと見込まれます。
    ● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

    小規模多機能型居宅介護、介護予防小規模多機能型居宅介護

    ● 認知症の特性に配慮したサービスとして創設され、これからの高齢者介護の主要なサービスのひとつとして必要性が増しています。
    ● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

    認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護

    ● 市町村において日常生活圏域に必要な利用定員総数を定め、計画的に基盤整備を図っていきます。

    地域密着型特定施設入居者生活介護

    ● 市町村において日常生活圏域に必要な利用定員総数を定め、計画的に基盤整備を図っていきます。

    地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

    ● 市町村において日常生活圏域に必要な利用定員総数を定め、計画的に基盤整備を図っていきます。

    看護小規模多機能型居宅介護

    ● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。

    地域密着型通所介護

    ● 市町村の日常生活圏域においてサービス利用ができるよう、整備について支援します。
    ● 併せて、平成28年度に、既存の小規模な通所介護事業所が円滑に地域密着型通所介護事業に移行できるよう、市町村等への支援を行います。

介護職の転職・採用状況

高齢化が進み、ますます介護士が必要とされています

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパーなど介護の仕事は、高齢者がいるすべての場所で必要になります。

今後、超高齢化が進む中で、介護業界の人材は、地域を問わずニーズのある、将来的にも安定した仕事といえます。

また年齢不問の求人も多いため50歳以上でも働くチャンスがあり、他業種からの転職も年々増えています。

人とふれあい、人を支え、自分自身も人間として成長できるやりがいのある仕事です。

日本のみならず多くの先進国で介護の仕事は需要が高く、介護職に対する求人のニーズはますます増しています。

介護士の売り手市場といわれる今、あなたの理想の高待遇で求人募集をしている介護関連企業がたくさんあります。

今すぐ求人情報を確認してみて下さい!

介護福祉士・社会福祉士ってどんなお仕事?

年々増加する介護や援助の必要な人を情熱と奉仕の精神を持ってサポートする介護福祉士は主に、介護が必要な高齢者の自宅、または老人介護施設や特別養護老人ホームで、食事や入浴、排せつの介助と、本人や家族の精神面のケアを行います。国家資格の取得が義務付けられており、福祉に対して、より専門的な知識と医学的な技術を身に付けている介護支援のエキスパートといえます。今後、さらに保健・医療の分野に精通する人材の需要が高まっていくと考えられます。

一方、社会福祉士は、身体または精神的に障害のある人や、なんらかの事情により日常生活に支障が出た人の相談にのり、生活の援助をする仕事です。援助の内容は児童相談から金銭的な援助、申請の手続きなど、多岐にわたります。社会福祉士も福祉サービスの多様化に伴い、今以上に専門的な知識や技術が必要となります。公的機関のほか、民間の福祉事業にも活躍の場を広げていくでしょう。

パート求人に強い、おすすめサポート

「初めてで、正直ちょっと不安・・・」という方へ


介護職専門の求人サイトでは、全国の病院や介護施設の採用担当者と継続的かつ、密に情報交換をしています。 また、ただ情報を蓄えるだけでなく、定期的に現場に足を運び、そこで実際に働いている介護職員さんから生の現場の情報を集めています。

そのため、インターネットや雑誌に掲載されている求人情報からは分からない、中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができます。
だからこそ、後悔のない、納得の転職が実現できるのです!

ただ求人を紹介するだけでなく、転職のプロとして、面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれます。




今すぐに転職をしたい訳ではない・・という方も登録だけでも大丈夫です。まずは情報収集だけでもどうぞ。


紹介した求人に実際に応募するか否かは求職者さまのご判断となります。 そのため、必ず応募しなければいけないということはありませんのでご安心下さい。


「面接が苦手なので面接対策などをしてほしい・・」という方へ
面接が決まりましたら、「転職成功の秘訣」レポートを皆さんに贈呈しております。また、専任コンサルタントとの面談では、面接対策についてのご相談も承っています。遠方で、面談が難しい求職者さまには、お電話によるサポートも行っておりますので、面接対策はメドフィットへお任せ下さい。
転職サポートのお申込みから、転職成功まで一切料金はかかりません。


ハローワークの求人4万件 と 介護ジョブ限定求人2万件をまとめて探せます!
雇用形態(正社員・パート) × 資格 × 住んでいる地域 など、細かく検索できて、希望条件に合う求人情報が検索しやすい!

求人情報は、ハローワークなどの紙媒体に比べ、充実した内容を掲載しています。
転職先を決めるにあたって、給与や勤務条件などの表面的な要素のみならず、 その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を元に検討出来ます。


介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護職福利厚生が有る介護施設

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ