志摩市福利厚生(ふくりこうせい)とは、

  • 福利厚生は会社(介護施設)が社員(従業員)に対して給与の他に手当として支払われるものです。
    また、社員(従業員)だけでなく、配偶者や家族の為に支払われるものもあります。

    福利厚生の種類

    福利厚生には「社会保険」「厚生年金」の法定内福利と、会社(介護施設)が設定する法定外福利があります。

志摩市の福利厚生を具体的に考える

  • 法定内福利厚生の種類

    【労働保険】よく聞きますね。労働保険は、労働者災害補償保険と雇用保険の2つを総称して労働保険といいます。
    ■労働者災害補償保険とはよく聞く「労災」のことです。
    業務上災害(就業中の事故)や通勤災害(通勤途中の事故)に対し、治療費、休業補償などが給付されます。
    ■雇用保険は転職、解雇、会社の倒産、一身上の都合などで、失業した場合に所定の失業給付を受けられるものです。

    上記の保険は、労働者(パートタイマー、アルバイト含む)を一人でも雇用していれば、業種・規模の如何を問わず労働保険の適用事業となり、事業主は成立(加入)手続を行い、労働保険料を納付しなければなりません。

    ここで気になるのが会社が独自に設定している『法定外福利』だと思います。
    この法定外福利が充実している会社(介護施設)ほど、就職してから安定した生活を保つことが出来ると思います。

    法定外福利厚生の種類

    ■余暇・娯楽関連:社員旅行やクラブ活動などの社内で余暇活動を行ったり、スポーツクラブや保養所などを格安で利用できる制度などがあります。
    ■住宅関連:家賃の補助を手当として支給したり、独身寮や、社宅などを保有している企業もあります。

    法定外福利厚生を具体的に
    経団連の調査では次のように分類されています。
    (1)住宅 社宅などの給与住宅、持ち家援助
    (2)医療・保健 診療所などの医療施設、健康診断など保健衛生
    (3)慶弔・共済・保険 団体生命保険など
    (4)生活援護 食堂、売店、作業衣支給、通勤バス、保育所、育英資金、ホームヘルプ制度
    (5)文化・体育・レクリエーション
    (6)その他 法定福利付加給付、財産形成など。

    就職先・転職先を選択する時の参考にして頂ければ幸いです。
    有給休暇や家族手当・住宅手当など見落とさないで下さいね。

志摩市 介護の取り組み

  • 千葉県福祉人材確保・定着推進方針

    方針策定の考え方

    1)策定の背景
    急速な少子・高齢化の進展等により、一層の福祉・介護ニーズの増大が見込まれる中で、千葉県では、施設整備や在宅サービス等の充実に取り組んでいますが、介護保険や障害福祉サービス等を担う施設・事業所では、必要な職員の確保・定着が厳しい状況にあり、福祉人材の確保が喫緊の課題となっています。
    また、これまで福祉人材確保・定着対策については、国の経済対策により創設された「障害者自立支援対策及び福祉・介護人材確保対策臨時特例基金」等を活用して事業を展開してきましたが、基金の今後の継続は不透明となっており、平成26年度は基金は継続されるものの、27年度以降については想定できない状況であり、既存事業や他の補助制度の活用、重点事業の選定など、事業の効率的な執行を図ることが必要となっています。

    2)策定の趣旨
    この喫緊の課題に対して、県では、平成20年9月に「千葉県福祉人材確保・定着対策本部」を設置し、総合的な対策に取り組んできたところですが、一定の方向性の中で事業を推進することが重要であることから、県としての施策の基本的な方向性を示す「千葉県福祉人材確保・定着推進方針」を策定するものです。

    3)方針の位置づけ
    この方針は、福祉人材の確保・定着に係る施策を進める上での総合的な指針となるものです。この方針により、県、福祉関係団体、教育機関及び事業者等が連携・協働して、全県的に事業の推進に取り組み、福祉人材の確保・定着を図ろうとするものです。

    4)目 標
    質の高い福祉人材の確保・定着を図るため、以下を目標として取組みます。
    (1)必要な福祉人材を将来にわたって安定的に確保する。
    (2)離職率を全産業と同レベルにする。

    5)期 間
    一定の方針のもと、中期的な展望にたって事業を継続的に進めるため、平成26年度から30年度までの5年間を期間とします。
    なお、事業の進捗状況等を踏まえ、3年を目途に方針の中間見直しを行います。

    現 状

    高齢化と要介護者の状況
    千葉県の高齢化率は、年々増加しており、それに比例して要介護認定者も増加していくものと推計され、それに伴い必要介護職員数も増加するものと見込まれます。

    介護職員等の離職率と給与水準
    千葉県の介護職員等の離職率は、18.5%となっており、全産業に比べると、3.7ポイント高くなっています。
    また、福祉・介護従事者の給与水準は、全産業の平均に比べ低くなっています。

    介護関連職種等の有効求人倍率
    介護関連職種の有効求人倍率は1.89倍、保育士の有効求人倍率は1.10倍と、全職種の有効求人倍率に比較すると依然として高い水準にあります。

    これまでの取組み

    取組み経緯
    千葉県では、平成20年9月、総合的な人材の確保・定着対策を推進するため千葉県福祉人材確保・定着対策本部を設置し、同本部において、21年5月、新規就労者1万人、離職率16%を目標とする21年度から3か年の事業実施方針を策定しました。
    以後、国の経済対策により創設された「障害者自立支援対策及び福祉・介護人材確保対策臨時特例基金」等を活用して事業を実施しています。

    目標の達成状況
    千葉県内の介護職の就労者数は、介護サービス施設・事業所調査によれば、平成20年の31,814人に対し、平成23年には40,670人と、新たに8,856人が就労しており、目標の 1 万人に対する比率は約89%となっています。
    また、本県の介護職の離職率は、平成24年で18.5%(介護労働実態調査)となっており、方針策定直近時(平成19年)の24.7%に比較すると改善がみられますが、全国の全産業の平成24年の離職率14.8%(雇用動向調査)と比較すると依然として高い状況となっています。

    課 題

    これまでの取組みを通じて把握された課題
    (1)福祉人材不足への対応
    福祉関係については、求人数に比べ求職者が少なく、福祉人材が不足している状況が続いており、一層の人材確保が必要となっています。
    ※有効求人倍率(全国):介護関連職種 1.89 保育士 1.10 全職種 0.88
    (職業安定業務統計 H25 年 9 月 但し、保育士は H25 年 8 月)

    (2)処遇の改善
    給与水準が低く人材が定着しないとの声が多く、給与関係をはじめとする処遇の改善が重要であり、引続き国への要望が必要です。また、介護職員等のスキルアップを図るための研修を充実することも重要です。
    ※給与水準状況(24 年) ホームヘルパー:21 万円 介護施設職員:22 万円 保育士:21 万円 全産業:33 万円(平成 24 年賃金構造基本統計調査)

    (3)介護等の職場のイメージアップ
    一般の方や介護分野への就職希望者等が介護等の職場に対するマイナスイメージが強いと関係団体から指摘があり、介護等の仕事のやりがいや魅力について理解を促進することが必要です。

    (4)福祉・介護人材確保対策事業の周知
    事業の実施数が、見込より下回っている状況であり、推進体制の強化を図るなど事業の周知をより徹底することが必要です。
    ※福祉・介護人材確保対策事業(24 年度):想定事業数 300⇒実績数 129

    (5)即効性のある事業及び将来の土壌づくりとなる事業の推進
    合同面接会や就業促進事業などを即効性のある事業の充実を図るとともに、学生等を対象とした将来に向けた土壌づくりとなる人材育成や福祉教育などの充実も必要であり、両者のバランスをとることが必要です。

    今後の検討課題

    (1)高齢化への対応
    急速な高齢化に伴い特別養護老人ホーム等の施設の増加が見込まれる中、福祉人材
    の不足が懸念され、より一層の人材確保が必要となっています。

    (2)制度改革への対応
    介護福祉士受験のための実務者研修の義務付けや介護職員初任者研修制度への変更など、国の人材確保等の施策に合わせた人材育成が必要です。

    (3)基金終了への対応
    基金が今後継続されるか不透明であり、各事業の実施が不安定な状況にあるので、既存事業の精査や他補助制度の利用等により、効果的な事業執行を図る必要があります。

    (4)景気動向への対応
    景気の動向によっては、他業種への人材流出による離職率の増加が予想されるため、対応策を講ずることが必要です。

    推進方針

    以上の課題を踏まえ、目標の実現に向けて、次のとおり5つの区分の中で12の方針を策定します。
    なお、「第4章 課題」の「2 今後の検討課題」の「(3)基金終了への対応」(課題2-(3)「基金終了への対応」と表記。以下同じ)を踏まえ、基金が終了する場合を考慮し、適切な事業評価を行い、重点化する事業を選択するとともに、セーフティネット補助金等を利用するなど事業の効率的な執行を図っていきます。

    人材の育成

    一般の方や学生などに介護等に対する仕事のやりがいや魅力について理解を促進する

    ≪課題への対応≫
    課題1-(3)「介護等の職場のイメージアップ」を踏まえ、イメージアップを促進し、介護職のやりがいや魅力について理解促進を図ります。

    ≪対応する取組≫ (※括弧内は主な担当課等を示したものです。以下同じ)
    ○福祉人材の確保に向けた広報・啓発 (健康福祉指導課)
    福祉人材センターにおいて、ポスターや各種啓発用パンフレットの作成・配布等、福祉人材確保に向けた広報・啓発を行います。

    ○福祉・介護人材参入促進事業 (健康福祉指導課)
    小学生から大学生や主婦等一般の方を対象に、福祉・介護等の仕事の魅力を伝えるため介護体験やセミナー等を実施する事業者等を支援します。

    ○福祉人材確保・定着フォーラムの開催 (健康福祉指導課)
    福祉介護の現場から学生や県民に向けて仕事のやりがいや魅力等を伝えるために福祉人材確保・定着フォーラムを開催します。

    地域の助け合い意識の啓発や、福祉の心を育てる福祉教育を推進する

    ≪課題への対応≫
    課題1-(5)「将来の土壌づくりとなる事業の推進」を踏まえ、福祉教育等の充実を図り、人材の育成・確保に努めます。

    ≪対応する取組≫
    ○福祉教育推進校の指定 (健康福祉指導課)
    学校や地域を通じて体系的・継続的に福祉教育を推進するために、引き続き福祉教育推進校の指定を行います。

    ○県立高校に福祉教育拠点校を設置 (県立学校改革推進課)
    松戸向陽高校を福祉教育の拠点校とし、県内福祉関係コース等の設置校とのネットワークを構築し、福祉に関する知識や技術の習得等の集積などにより、福祉教育のレベルアップを図ります。

    ○県立高校に福祉関係のコース等を設置 (県立学校改革推進課)
    地域や時代のニーズ、地域バランス等を踏まえ、生徒の地元への就職や地域の活性化を考慮し、福祉関係のコース等を設置します。

    介護福祉士や介護職員初任者研修等の資格取得への支援を充実させる

    ≪課題への対応≫
    課題2-(2)「制度改革への対応」を踏まえ、介護関係資格の取得支援制度等を充実させ、人材の育成を図ります。

    ≪対応する取組≫
    ○介護福祉士試験の実務者研修や介護職員初任者研修 (健康福祉指導課)
    介護福祉士試験の受験要件となる実務者研修や介護職員初任者研修など介護職員等の資格取得の研修が適正に実施されるよう事業者等に情報提供等を行います。

    ○喀痰吸引等の研修 (健康福祉指導課)
    介護職員等によるたんの吸引や経管栄養といった行為(喀痰吸引等)の実施に向け研修を行います。

    ○介護福祉士等修学資金貸付事業 (健康福祉指導課)
    若い人材の福祉・介護分野への参入を促進するために入学準備金や学費など修学資金を貸し付けます。

    ○外国人介護福祉士候補者受入施設学習支援事業 (健康福祉指導課)
    経済連携協定に基づき外国人介護福祉士候補者を受け入れている施設が行う日本語教育等の経費について支援を行います。

    ○受刑者の資格取得の支援 (健康福祉指導課)
    受刑者に対し介護職員初任者研修等の研修を行うことにより資格を取得させ、出所後の福祉・介護分野への就労促進を図ります。

介護職へ就職・転職する方。あなたにぴったりの求人情報を探します

介護のお仕事を初めてやってみようと思っている方、また、経験が浅い方、キャリアアップを考えられている方、ともに不安がたくさんあると思います。

最大の不安! それは介護職でいい転職先を見つけられるか!!

介護施設といってもたくさんの種類がありますし、介護職の種類も様々。いったいどこでどんなことができるのか?自分1人で考えていてもなかなか先に進めません。

では、どんな方法で就職や転職活動を進めていったらいいのでしょうか。
ハローワークに行って相談しますか?それも1つの方法だと思います。
ですが、それだけで決めてしまうのはちょっと待ってください。
ハローワークにはない求人情報もあること、ご存じですか?

このサイトでは、そんなあなたに非公開の求人情報を提供するとともに、介護業界への就職・転職の仕方、面接のアドバイスまでサポートしてくれるパートナーを紹介します。

介護業界の求人について

一般的な仕事は都心部に求人が集中するという特徴がありますが、介護の業界においてはどの都道府県においても介護士の求人があるという特徴があります。

その理由は全国的に介護が必要な高齢者がいるからです。

特に人口が少ないところでは過疎化が進んでおり、地域における高齢者の割合は高くなっています。

若者の人口は逆に少ないため介護施設においては介護士が不足している状況であり、多くの介護士の求人があります。

では、どのような介護施設で募集があるのでしょうか。

まずは介護保険に関するものです。

老人保健施設や特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設は数も多いため、多くの求人があります。

介護保険でないものとしては有料老人ホームがあります。

今後は介護保険施設だけではすべての介護を負担することは難しいと考えられており、全国的にも数が増えてきているという特徴があります。

民間運営の為、場合によっては高い待遇での求人を見つけることも可能です。

介護の転職・就職を全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。
など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。
  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。

希望条件・意欲を叶えるパート求人、必ず見つかります。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

介護施設地域検索

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ