デイホームたんぽぽの概要

         
郵便番号 〒636-0301
住所 奈良県磯城郡田原本町大字黒田479-3
電話番号 0744-34-6288
施設形態 デイサービス
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

デイホームたんぽぽの福利厚生(ふくりこうせい)とは、

  • 福利厚生は会社(介護施設)が社員(従業員)に対して給与の他に手当として支払われるものです。
    また、社員(従業員)だけでなく、配偶者や家族の為に支払われるものもあります。

    福利厚生の種類

    福利厚生には「社会保険」「厚生年金」の法定内福利と、会社(介護施設)が設定する法定外福利があります。

デイホームたんぽぽの福利厚生を具体的に考える

  • 法定内福利厚生の種類

    【労働保険】よく聞きますね。労働保険は、労働者災害補償保険と雇用保険の2つを総称して労働保険といいます。
    ■労働者災害補償保険とはよく聞く「労災」のことです。
    業務上災害(就業中の事故)や通勤災害(通勤途中の事故)に対し、治療費、休業補償などが給付されます。
    ■雇用保険は転職、解雇、会社の倒産、一身上の都合などで、失業した場合に所定の失業給付を受けられるものです。

    上記の保険は、労働者(パートタイマー、アルバイト含む)を一人でも雇用していれば、業種・規模の如何を問わず労働保険の適用事業となり、事業主は成立(加入)手続を行い、労働保険料を納付しなければなりません。

    ここで気になるのが会社が独自に設定している『法定外福利』だと思います。
    この法定外福利が充実している会社(介護施設)ほど、就職してから安定した生活を保つことが出来ると思います。

    法定外福利厚生の種類

    ■余暇・娯楽関連:社員旅行やクラブ活動などの社内で余暇活動を行ったり、スポーツクラブや保養所などを格安で利用できる制度などがあります。
    ■住宅関連:家賃の補助を手当として支給したり、独身寮や、社宅などを保有している企業もあります。

    法定外福利厚生を具体的に
    経団連の調査では次のように分類されています。
    (1)住宅 社宅などの給与住宅、持ち家援助
    (2)医療・保健 診療所などの医療施設、健康診断など保健衛生
    (3)慶弔・共済・保険 団体生命保険など
    (4)生活援護 食堂、売店、作業衣支給、通勤バス、保育所、育英資金、ホームヘルプ制度
    (5)文化・体育・レクリエーション
    (6)その他 法定福利付加給付、財産形成など。

    就職先・転職先を選択する時の参考にして頂ければ幸いです。
    有給休暇や家族手当・住宅手当など見落とさないで下さいね。

磯城郡 介護の取り組み

  • 医療と介護の連携指針の普及促進等

    ~事業内容~
    平成25年度に策定した「地域包括ケアシステムの構築に向けた医療と介護の連携指針」について、各種研修会等を通じて周知し、高齢者の医療施設・在宅間の円滑な移行と在宅生活の支援につなげる。
    また、同指針で提案した標準的な連携ツールの活用を促進する。
    ~事業の実施状況~
    ・市町村や介護支援専門員の研修に出席し医療と介護の連携に対する指針や連携ツールの活用などについて研修を行い周知を図った。
    ・市町村が実施する多職種の研修会等、地域リハビリテーション広域支援センターが実施する連絡会などで周知を図った。
    ・市町村向けに連携ツールの活用状況や活用への課題についてアンケート調査を行い、活用状況を把握するとともに、3月開催の地域包括支援センター研修会で啓発を図る。
    ~事業効果~
    市町村において在宅医療・介護連携推進事業における医療・介護関係者間の情報共有ツールを活用する市町村があり、連携指針の活用が進みつつある。
    ~方向性・課題等~
    連携ツールの活用状況の実態調査等を通して、課題を把握し、連携シートの改善などを行い、さらに在宅介護・医療関係者への情報共有への活用を図る必要がある。

    訪問看護推進拠点事業

    ~事業内容~
    ・地域において療養者や家族が安心して療養生活が送れるよう訪問看護の拠点を設置し推進する。拠点の機能(訪問看護導入のためのシステムの推進、訪問看護の情報の一元化・情報発信・相談機能、県民への普及啓発、人材育成等)
    ・医療・介護ニーズのある療養者及び家族が安心して在宅療養生活に移行できるように、「退院支援マネジメントガイドライン」を作成し医療機関、訪問看護ステーション、福祉施設、市町村・保健所等の看護職を対象に研修会を開催し、入院から在宅への移行期支援の充実により、在宅医療の推進を図る。
    ~事業の実施状況~
    ○訪問看護支援センター推進事業(8月から実施)
     ・情報の一元化・情報発信・相談機能、支援関係者への情報提供により、県内の看護ニーズに対して円滑に対応できる拠点機能の設置・運営を行っている
    ○人材育成事業
    ・内容:新人訪問看護師、及び訪問看護師の研修により多様化するニーズに対応する人材育成を行う。
       ・新人訪問看護師育成事業
          訪問看護師動機付け研修事業(2日)新人訪問看護師教育研修事業(通年)新人訪問看護師採用育成支援事業(通年)
       ・訪問看護師養成講習会事業
          訪問看護師養成講習会(通年)訪問看護師継続研修(2日)
    ○普及啓発事業
    ・内容:県民等へ地域でその人らしい暮らしを支える在宅療養の普及啓発を行う。(年1回)
    ~事業効果~
    ・訪問看護推進の拠点として、県内の訪問看護ステーションの活動状況を把握し課題を抽出予定
    ・新人訪問看護師の養成、新人を採用した訪問看護ステーションの指導者支援の実施し、訪問看護ステーションの機能強化を図った。
    ・訪問看護の普及、在宅療養への不安軽減に向けた普及啓発の実施
    ・退院支援マネジメントガイドラインを活用し、県内の病院等で退院支援マネジメントが展開されている。
    ~方向性・課題等~
    ・引き続き訪問看護支援センターを拠点とし訪問看護推進を図る。
    ・退院支援マネジメントガイドラインの活用により、実用化につなげ、看護職の退院調整能力を養う養成研修(看護管理者・リーダー研修や各保健所単位の研修)を行う。
    また、各保健所単位の研修にはケアマネジャー等も対象とし連携に向け、地域の特性に合わせた研修を実施する。

求人情報からは介護施設の雰囲気までは分からない!

残念ながら、あたながどれだけ意欲を持っていても、法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があれば、働き甲斐は感じられません。あなたの能力も発揮しにくくなります。

ハローワークの求人情報から、どれだけの内容が分かるでしょうか。
あなたの希望条件が、スタッフの人柄、施設の雰囲気、施設長がスタッフをどれだけ大事にしているか、などなら、求人情報から読み取ることができません。
唯一、面接をするときのわずかな時間でのみ、わずかな情報を入手できます。
ですが、面接の前に知っておきたいですよね。

今は求人情報は、アルバイトサイトや転職サイトにたくさん掲載されています。そこで自分で検索しても、やはり施設の雰囲気を読み取るのは難しいです。
そんな時は、介護業界で長年転職やパート・アルバイトのサポートをしている、パート勤務のプロに相談してみるのが一番早く、適切な情報が入ってきます。また、求人情報だけでなく、面接の指導や、就職後のフォローまでしてくれます。

移動介護従事者の仕事内容

移動介護従事者(ガイドヘルパー) とは

【仕事の内容】
視覚障がい者、車椅子利用者、知的障がい者などの外出に同行し、支援を行うお仕事

①対象者の安全に留意しながら、外出先での行動を支援する
②障がい者の自立と社会参加の促進を支援する
③社会活動などへの参加に同行し、行動を支援する など

【勤務場所】
市区町村による指定事業所

【必要な資格】
移動介護従事者(市区町村認定資格)
※1 全身性障がい者、視覚障がい者の外出同行は、ホームヘルパー資格では対応不可のため、プラスαの資格として取得する方が多いです。
※2 ガイドヘルパーのニーズは増えているが、役所の福祉課などからの紹介が多く、求人情報としては本資格単体ではほとんど案件がありません。

無資格未経験OKの介護職求人とは?

無資格未経験だけど介護職員として働きたい!
でも、就職や転職・再就職の時には、「未経験でもOKの職場なんてあるのかな」「初心者でも転職できるかな」「うまくいくかな」「いい職場で働けるかな」「この職場に決めてしまって大丈夫かな」など、誰でも迷ったり不安になったりするものですよね。

そんな時はあなた1人で悩んでいるよりも、転職・就職など求人のプロに直接アドバイスしてもらった方がうまくいくことが多いのでオススメです。

転職・就職求人のプロに、未経験OKや初心者でも歓迎してくれる職場の求人情報を探しているあなたのサポートをしてもらってみてはいかがでしょうか?

きっと、あなた1人で探すよりも、希望の条件にピッタリの転職・就職先が見つかります。

プロのアドバイスを受けながらの転職・就職活動なら、介護職員として未経験でも、経験の浅い初心者でも、希望どおりの職場を見つけることも十分可能です!

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

検索数の多い介護施設

このページの先頭へ