グループホームむつみあいの概要

         
郵便番号 〒632-0122
住所 奈良県天理市
電話番号 0743-69-2290
施設形態 グループホーム
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

グループホームむつみあいの福利厚生(ふくりこうせい)とは、

  • 福利厚生は会社(介護施設)が社員(従業員)に対して給与の他に手当として支払われるものです。
    また、社員(従業員)だけでなく、配偶者や家族の為に支払われるものもあります。

    福利厚生の種類

    福利厚生には「社会保険」「厚生年金」の法定内福利と、会社(介護施設)が設定する法定外福利があります。

グループホームむつみあいの福利厚生を具体的に考える

  • 法定内福利厚生の種類

    【労働保険】よく聞きますね。労働保険は、労働者災害補償保険と雇用保険の2つを総称して労働保険といいます。
    ■労働者災害補償保険とはよく聞く「労災」のことです。
    業務上災害(就業中の事故)や通勤災害(通勤途中の事故)に対し、治療費、休業補償などが給付されます。
    ■雇用保険は転職、解雇、会社の倒産、一身上の都合などで、失業した場合に所定の失業給付を受けられるものです。

    上記の保険は、労働者(パートタイマー、アルバイト含む)を一人でも雇用していれば、業種・規模の如何を問わず労働保険の適用事業となり、事業主は成立(加入)手続を行い、労働保険料を納付しなければなりません。

    ここで気になるのが会社が独自に設定している『法定外福利』だと思います。
    この法定外福利が充実している会社(介護施設)ほど、就職してから安定した生活を保つことが出来ると思います。

    法定外福利厚生の種類

    ■余暇・娯楽関連:社員旅行やクラブ活動などの社内で余暇活動を行ったり、スポーツクラブや保養所などを格安で利用できる制度などがあります。
    ■住宅関連:家賃の補助を手当として支給したり、独身寮や、社宅などを保有している企業もあります。

    法定外福利厚生を具体的に
    経団連の調査では次のように分類されています。
    (1)住宅 社宅などの給与住宅、持ち家援助
    (2)医療・保健 診療所などの医療施設、健康診断など保健衛生
    (3)慶弔・共済・保険 団体生命保険など
    (4)生活援護 食堂、売店、作業衣支給、通勤バス、保育所、育英資金、ホームヘルプ制度
    (5)文化・体育・レクリエーション
    (6)その他 法定福利付加給付、財産形成など。

    就職先・転職先を選択する時の参考にして頂ければ幸いです。
    有給休暇や家族手当・住宅手当など見落とさないで下さいね。

天理市 介護の取り組み

  • 地域リハビリテーション従事者研修

    ~事業内容~
    地域リハビリテーションの推進を目指し、保健・医療・福祉・介護の関係者及び市町村の職員に対し、医療介護の連携を始め、地域リハビリテーションの体制を推進するための研修を開催。
    ~事業の実施状況~
    ○地域リハビリテーション従事者研修会の開催
     ・年1回開催:116人参加
    ○各圏域地域リハビリテーション広域支援センター事業により研修会や連絡会議を実施。
     ・研修会:年3回実施
     ・内容:医療・介護連携指針の普及や多職種間のネットワークづくり。
         リハビリテーション専門職の資質向上
     ・地域の連絡会:年2回
    ~事業効果~
    ・地域リハビリテーション従事者研修会では、多職種による地域リハビリテーションの理解や顔の見える関係が構築された。
    ・各地域リハビリテーション広域支援センターの研修会を通し、保健医療介護職員の資質の向上に寄与できた。
    ~方向性・課題等~
    県リハビリテーション支援センターと各圏域地域リハビリテーション広域支援センターとの連携をはじめ、情報を共有する中で、市町村支援を進めていく。

    保健福祉事務所における圏域会議の開催

    ~事業内容~
    ・各保健福祉事務所主催(又は市町村が開催する圏域ごとの会議への支援)により、各市町村、多職種を対象とした圏域会議を実施し、本課も支援することにより在宅医療・介護の連携上の課題、対策を検討する。(地域包括支援センター等会議など)
    ~事業の実施状況~
    ○圏域ごと実施する市町村、多職種を対象とした会議等の開催
    ・内容:保健福祉事務所が各圏域の課題解決に向け会議を開催し、市町村の在宅医療・介護連携推進事業の共同実施に向けた広域的な調整や圏域における医療・介護に係る資源情報等の提供などの支援を行った。
    ~事業効果~
    地域支援事業の「在宅医療・介護連携の推進」について取組内容の周知、圏域内での情報交換、課題の抽出などができ、相談窓口の設置等で一定の推進が図られた。
    ~方向性・課題等~
    規模の小さい市町村の取り組みを推進するため、複数市町村での取り組みを提案するなど、地域の実情に合わせた具体的な支援策を検討する必要がある。

ハローワークでの就職・転職活動は難しい?

年収400万円以上など、あなたの希望を全て叶える転職を、ハローワークで探すのは大変ですよね。

最近では求人票に記載されている内容が「嘘が多い」と問題になってます。

就職・転職活動を全てを1人でやらないといけないとなると、不安多いですよね。

・ハローワークの介護の求人情報は、自宅でもインターネット検索できます。でも、そのためには1度ハローワークで手続きをしないといけません。

・しかも、応募する時には、またハローワークまでいかないといけません。

・求人を見つけて応募しようとすると、また番号札を取って順番を待って、紹介状をいただいて・・・と待ち時間だけでもかなりを要します。

・履歴書の書き方、面接の仕方のセミナーは開催されていますが、「介護」に特化したものではありません。


これでは時間と労力がかなり奪われてしまいます。

就職先で力を出したいのに、就職活動で力を吸い取られる感じがしていませんか。


求人情報サイトの有効利用

求人情報を知ることができる方法には、各市町村にありますハローワークにて情報を知ることができるほかに、最近ではパソコンやスマホなどを使用して、求人情報を知ることができ便利なのが『求人情報サイト』です。

『求人情報サイト』では、求人に関する多くの情報を掲載しているだけでなく、働きたい職種や働きたいエリアを入力すれば、簡単に求人の情報を検索することができ大変便利です。

新たに仕事をはじめる時は、給与も大切な条件となりますが、何よりも職種が大切で、自分が希望する職種に就職することができる方もいますが、希望する職種に就職することができない場合もあるので、一つの職種にこだわる事も大事ですが、若いうちにたくさんの資格を取得しておくことで就職に有利ともなります。

多くの求人を募集している職種に介護職があり、ホームヘルパーの求人を募集している介護施設なども多くあることから、ホームヘルパーの求人は、これからますます増加していく求人です。

パートで介護職につくメリット

  • 介護の知識が身に付く!

    今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
    例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

  • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

    利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

  • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

    まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
    厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。
せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

検索数の多い介護施設

このページの先頭へ