岡山県福利厚生(ふくりこうせい)とは、

  • 福利厚生は会社(介護施設)が社員(従業員)に対して給与の他に手当として支払われるものです。
    また、社員(従業員)だけでなく、配偶者や家族の為に支払われるものもあります。

    福利厚生の種類

    福利厚生には「社会保険」「厚生年金」の法定内福利と、会社(介護施設)が設定する法定外福利があります。

岡山県の福利厚生を具体的に考える

  • 法定内福利厚生の種類

    【労働保険】よく聞きますね。労働保険は、労働者災害補償保険と雇用保険の2つを総称して労働保険といいます。
    ■労働者災害補償保険とはよく聞く「労災」のことです。
    業務上災害(就業中の事故)や通勤災害(通勤途中の事故)に対し、治療費、休業補償などが給付されます。
    ■雇用保険は転職、解雇、会社の倒産、一身上の都合などで、失業した場合に所定の失業給付を受けられるものです。

    上記の保険は、労働者(パートタイマー、アルバイト含む)を一人でも雇用していれば、業種・規模の如何を問わず労働保険の適用事業となり、事業主は成立(加入)手続を行い、労働保険料を納付しなければなりません。

    ここで気になるのが会社が独自に設定している『法定外福利』だと思います。
    この法定外福利が充実している会社(介護施設)ほど、就職してから安定した生活を保つことが出来ると思います。

    法定外福利厚生の種類

    ■余暇・娯楽関連:社員旅行やクラブ活動などの社内で余暇活動を行ったり、スポーツクラブや保養所などを格安で利用できる制度などがあります。
    ■住宅関連:家賃の補助を手当として支給したり、独身寮や、社宅などを保有している企業もあります。

    法定外福利厚生を具体的に
    経団連の調査では次のように分類されています。
    (1)住宅 社宅などの給与住宅、持ち家援助
    (2)医療・保健 診療所などの医療施設、健康診断など保健衛生
    (3)慶弔・共済・保険 団体生命保険など
    (4)生活援護 食堂、売店、作業衣支給、通勤バス、保育所、育英資金、ホームヘルプ制度
    (5)文化・体育・レクリエーション
    (6)その他 法定福利付加給付、財産形成など。

    就職先・転職先を選択する時の参考にして頂ければ幸いです。
    有給休暇や家族手当・住宅手当など見落とさないで下さいね。

岡山県 介護の取り組み

  • 長野県の高齢者福祉の現状

    1)要介護(要支援)の状況
    (1)要介護(要支援)認定者数の推移
    長野県の要介護認定者数(第1号被保険者)は108,292人(平成26年10月)で、年々増加傾向にあります。また、第1号被保険者に占める要介護(要支援)認定者の割合(認定率)は17.6%となっています。
    長野県の認定率を全国と比較すると、平成19年・20年頃は全国と同程度であったものが、近年は全国より0.4ポイント程度低い水準で推移しています。

    (2)要介護(要支援)認定者の要介護度別分布状況
    要介護度別の分布状況では、全国に比べて要支援の割合は低く、要介護1 ~ 5の割合が高くなっています。

    2)居宅での主な介護者
    居宅での主な介護者は、年齢が65歳以上の割合が半数にまで近づいてきており、老々介護が増えています。
    要介護(要支援)者との関係性では、「子の配偶者」が減少している一方で、「子」は増加傾向にあります。

    3)介護サービスの利用状況
    (1)介護サービスごとの利用者
    本県の介護サービス(予防を含む)の利用者数を見ると、「居宅サービス」が約7割強と最も多く、次いで、「特養」「地域密着型」「老健」の順となっています。平成23年からの増加率を見ると、居宅サービス(11.0%増)、地域密着型サービス(30.0%増)は利用者数が大きく増加していますが、施設サービス(特養、老健、療養型)は6.0%程度の増加となっています。

    (2)居宅サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める居宅サービス利用者の割合を見ると、「訪問介護」のみ全国水準を下回っていますが、それ以外のサービスでは、全国水準を上回っています。

    (3)地域密着型サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める地域密着型サービス利用者の割合では、「地域密着型特定施設入居者生活介護」において全国水準を大きく上回っています。
    逆に「認知症対応型共同生活介護」においてわずかに全国水準を下回っています。

    (4)施設・居住系サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める施設・居住系サービス利用者の割合では、介護福祉施設及び介護保健施設が、全国に比べ利用者が多く、逆に特定施設入居者生活介護がやや少なくなっています。

    (5)介護予防サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める介護予防サービス利用者の割合では、「介護予防福祉用具貸与」「介護予防通所介護」において全国水準を上回っていますが、「介護予防訪問介護」では全国水準を大きく下回っています。

    4)介護サービス提供事業者
    介護サービス事業者は、介護保険制度がスタートした当初は4,755事業所(平成12年4月)でしたが、平成23年(4月1日)には7,125事業所、平成26年(4月1日)現在では、7,702事業所がサービスを提供しており、その数は増加しています。

    5)介護サービス及び高齢者福祉サービス基盤
    施設・居住系サービスにおける介護老人福祉施設や特定施設入居者生活介護の整備については、一部の施設において、第5期の整備目標を下回っています。

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

ハローワークでの就職・転職活動は難しい?

年収400万円以上など、あなたの希望を全て叶える転職を、ハローワークで探すのは大変ですよね。

最近では求人票に記載されている内容が「嘘が多い」と問題になってます。

就職・転職活動を全てを1人でやらないといけないとなると、不安多いですよね。

・ハローワークの介護の求人情報は、自宅でもインターネット検索できます。でも、そのためには1度ハローワークで手続きをしないといけません。

・しかも、応募する時には、またハローワークまでいかないといけません。

・求人を見つけて応募しようとすると、また番号札を取って順番を待って、紹介状をいただいて・・・と待ち時間だけでもかなりを要します。

・履歴書の書き方、面接の仕方のセミナーは開催されていますが、「介護」に特化したものではありません。


これでは時間と労力がかなり奪われてしまいます。

就職先で力を出したいのに、就職活動で力を吸い取られる感じがしていませんか。


移動介護従事者の仕事内容

移動介護従事者(ガイドヘルパー) とは

【仕事の内容】
視覚障がい者、車椅子利用者、知的障がい者などの外出に同行し、支援を行うお仕事

①対象者の安全に留意しながら、外出先での行動を支援する
②障がい者の自立と社会参加の促進を支援する
③社会活動などへの参加に同行し、行動を支援する など

【勤務場所】
市区町村による指定事業所

【必要な資格】
移動介護従事者(市区町村認定資格)
※1 全身性障がい者、視覚障がい者の外出同行は、ホームヘルパー資格では対応不可のため、プラスαの資格として取得する方が多いです。
※2 ガイドヘルパーのニーズは増えているが、役所の福祉課などからの紹介が多く、求人情報としては本資格単体ではほとんど案件がありません。

介護の勉強のために短期バイトを希望するケースも

現代の高齢化に向けて施設などに入れず、在宅介護をしているという家庭もあります。


自分の両親などもいずれは介護を必要とする、また現在介護しているという方も大勢おり、そのような方が介護についての勉強として短期間介護の仕事をするという方もいます。


またその逆に家族の介護経験を活かして、介護の仕事をする場合もあります。


高齢者以外にも介護を必要としている所は多く、介護士が勤務できる職場というのは色々とあります。


・知的障害者施設
・身体障害者施設
・社会福祉施設

など介護士は、多くの場で活躍が出来る仕事でもあります。


短期・単発で介護の仕事を考えているという場合は、介護士求人サイトや人材紹介サービスですと求人案件も多数あります。


週に1日、2日くらいの勤務を希望されている方も、思った以上に希望条件に該当する介護求人が見つかると思いますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護職福利厚生が有る介護施設

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ