大阪府福利厚生(ふくりこうせい)とは、

  • 福利厚生は会社(介護施設)が社員(従業員)に対して給与の他に手当として支払われるものです。
    また、社員(従業員)だけでなく、配偶者や家族の為に支払われるものもあります。

    福利厚生の種類

    福利厚生には「社会保険」「厚生年金」の法定内福利と、会社(介護施設)が設定する法定外福利があります。

大阪府の福利厚生を具体的に考える

  • 法定内福利厚生の種類

    【労働保険】よく聞きますね。労働保険は、労働者災害補償保険と雇用保険の2つを総称して労働保険といいます。
    ■労働者災害補償保険とはよく聞く「労災」のことです。
    業務上災害(就業中の事故)や通勤災害(通勤途中の事故)に対し、治療費、休業補償などが給付されます。
    ■雇用保険は転職、解雇、会社の倒産、一身上の都合などで、失業した場合に所定の失業給付を受けられるものです。

    上記の保険は、労働者(パートタイマー、アルバイト含む)を一人でも雇用していれば、業種・規模の如何を問わず労働保険の適用事業となり、事業主は成立(加入)手続を行い、労働保険料を納付しなければなりません。

    ここで気になるのが会社が独自に設定している『法定外福利』だと思います。
    この法定外福利が充実している会社(介護施設)ほど、就職してから安定した生活を保つことが出来ると思います。

    法定外福利厚生の種類

    ■余暇・娯楽関連:社員旅行やクラブ活動などの社内で余暇活動を行ったり、スポーツクラブや保養所などを格安で利用できる制度などがあります。
    ■住宅関連:家賃の補助を手当として支給したり、独身寮や、社宅などを保有している企業もあります。

    法定外福利厚生を具体的に
    経団連の調査では次のように分類されています。
    (1)住宅 社宅などの給与住宅、持ち家援助
    (2)医療・保健 診療所などの医療施設、健康診断など保健衛生
    (3)慶弔・共済・保険 団体生命保険など
    (4)生活援護 食堂、売店、作業衣支給、通勤バス、保育所、育英資金、ホームヘルプ制度
    (5)文化・体育・レクリエーション
    (6)その他 法定福利付加給付、財産形成など。

    就職先・転職先を選択する時の参考にして頂ければ幸いです。
    有給休暇や家族手当・住宅手当など見落とさないで下さいね。

大阪府 介護の取り組み

  • 茨城県介護士参入促進具体的な取組内容

    すそ野を拡げる~多様な人材の参入促進を図る~

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ
    ○介護職の魅力についてPRする福祉キャラバン隊の小・中学校への派遣及び介護職への理解促進・イメーアップを図る施設見学ツアーを開催【基金】
    ○介護の仕事に興味を有する者を対象に,実際の介護現場での職場体験を開催【基金】
    ⇒●介護職に興味を持ってもらうことで,介護職への就職につながる。

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化
    ○介護福祉士養成施設に介護職についての相談,助言,指導等を行う専門員を配置し,学生やその保護者,教員等を対象に,進路相談会等を開催【基金】
    ⇒●介護福祉士養成施設への入学者増

    その他の「参入促進」の取組
    ○キャリア支援専門員による就職相談会や出張相談会,就職支援講座の開催【基金】
    ○定着支援アドバイザーにより就職後のフォローアップを行う。【基金】
    ⇒●マッチングによる雇用創出数 170人
     ●離職防止

    介護士の労働環境の改善

    雇用管理改善の推進
    ○ロボット介護機器を導入する介護施設に対する補助【基金】
    ⇒●ロボット介護機器導入施設の増

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組
    ○施設・事業所の管理者等に対し,勤務環境改善についてのセミナーを開催【基金】
    ⇒●勤務環境改善を図る施設・事業所の増

    資質の向上

    「資質の向上」の取組
    ○現任介護職員のキャリアアップを促進するため,介護福祉士受験対策講座を開催【基金】
    ○介護福祉士及び初任者研修終了者等の資格保持者について,離職の際に福祉人材センターへの届出を促すことにより,離職者を把握し,離職後も求人情報や研修について情報提供する。
    ⇒●介護福祉士合格者増
     ●潜在介護福祉士等登録者数増人

    人材の定着が課題

    介護労働安定センターの調査から在宅介護事業者が抱える運営上の問題点をみると、「良質な人材の確保が難しい」、「今の介護報酬では、人材の確保・定着のために十分な賃金を払えない」といった回答が上位を占めている。
    訪問系(訪問介護、訪問看護など)は、「良質な人材の確保が難しい」が48.3%で最も高く、通所系(デイサービス、ショートステイなど)は、「今の介護報酬では、人材の確保・定着のために十分な賃金を払えない」が50.1%で最も高い。
    こうした状況などから、介護業界の離職率(年間の離職者を1年前の在籍者で除したもの)は全体で16.1%と、全産業の平均離職率を1.7ポイント上回っている。

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパーをはじめとする介護職員という仕事は、困っている多くの人から本当に必要とされている重要なお仕事です。
「介護職員処遇改善加算」が導入されたことで、介護業界の大手企業を皮切りに介護職員の給与アップや待遇を見直す動きが加速しています。
転職先での給与アップやキャリアアップは現実的なお話です。
あなたらしく、やりがいをもって働ける職場とめぐり逢えるといいですね。

老人保健施設における介護士求人について

日本は超高齢化社会をむかえており、各都道府県には多くの施設があります。

その中でも代表的な施設が老人保健施設です。介護保険の中核を担う施設であり、各都道府県における高齢者介護に対して大きく貢献をしています。

医療と介護の中間施設ともいわれており、医師や看護師、理学療法士などのリハビリテーション専門職が配置されているのが特徴になります。

もちろん、介護士も必要であり多くの介護士求人があります。

仕事の内容としては利用者の日常生活における介護やレクリエーションの提供などが主な内容になります。

日常生活の介護では食事や排泄、入浴などにおいて利用者が出来ないことを介助します。

その際には出来るだけ本人にがんばってもらうことを意識して行うことが重要です。

利用者本人ががんばることが生活リハビリテーションにつながり、身体機能のレベルアップや生活動作能力の向上につながるからです。

生活リハビリテーションで元気になることで自宅に帰れる人もおり、介護士の仕事をしていてやりがいを感じることができる瞬間です。

現在は介護士が不足していることもあり介護士求人は多くあるため興味がある人は利用してみましょう。

介護の転職・就職を全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。
など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。
  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。

希望条件・意欲を叶えるパート求人、必ず見つかります。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護職福利厚生が有る介護施設

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ