東京都福利厚生(ふくりこうせい)とは、

  • 福利厚生は会社(介護施設)が社員(従業員)に対して給与の他に手当として支払われるものです。
    また、社員(従業員)だけでなく、配偶者や家族の為に支払われるものもあります。

    福利厚生の種類

    福利厚生には「社会保険」「厚生年金」の法定内福利と、会社(介護施設)が設定する法定外福利があります。

東京都の福利厚生を具体的に考える

  • 法定内福利厚生の種類

    【労働保険】よく聞きますね。労働保険は、労働者災害補償保険と雇用保険の2つを総称して労働保険といいます。
    ■労働者災害補償保険とはよく聞く「労災」のことです。
    業務上災害(就業中の事故)や通勤災害(通勤途中の事故)に対し、治療費、休業補償などが給付されます。
    ■雇用保険は転職、解雇、会社の倒産、一身上の都合などで、失業した場合に所定の失業給付を受けられるものです。

    上記の保険は、労働者(パートタイマー、アルバイト含む)を一人でも雇用していれば、業種・規模の如何を問わず労働保険の適用事業となり、事業主は成立(加入)手続を行い、労働保険料を納付しなければなりません。

    ここで気になるのが会社が独自に設定している『法定外福利』だと思います。
    この法定外福利が充実している会社(介護施設)ほど、就職してから安定した生活を保つことが出来ると思います。

    法定外福利厚生の種類

    ■余暇・娯楽関連:社員旅行やクラブ活動などの社内で余暇活動を行ったり、スポーツクラブや保養所などを格安で利用できる制度などがあります。
    ■住宅関連:家賃の補助を手当として支給したり、独身寮や、社宅などを保有している企業もあります。

    法定外福利厚生を具体的に
    経団連の調査では次のように分類されています。
    (1)住宅 社宅などの給与住宅、持ち家援助
    (2)医療・保健 診療所などの医療施設、健康診断など保健衛生
    (3)慶弔・共済・保険 団体生命保険など
    (4)生活援護 食堂、売店、作業衣支給、通勤バス、保育所、育英資金、ホームヘルプ制度
    (5)文化・体育・レクリエーション
    (6)その他 法定福利付加給付、財産形成など。

    就職先・転職先を選択する時の参考にして頂ければ幸いです。
    有給休暇や家族手当・住宅手当など見落とさないで下さいね。

東京都 介護の取り組み

  • 宮城県介護人材確保協議会について

    介護の背景と課題

    宮城県の介護人材確保について(宮城県介護人材確保協議会)
    宮城県では,団塊の世代が全員後期高齢者となり介護需要が増大する2025年を見据えて,介護人材確保に向けた取組を実施しています。

    1.協議会の概要

    ○設置日:平成26年6月3日設置
    ○構成員名簿
    ・(公財)介護労働安定センター宮城支部
    ・仙台市老人福祉施設協議会
    ・東北福祉大学
    ・(一社)宮城県介護福祉士会
    ・宮城県介護福祉士養成施設協会
    ・(公社)宮城県看護協会
    ・宮城県市長会
    ・(社福)宮城県社会福祉協議会
    ・(一社)宮城県社会福祉士会
    ・宮城県生活協同組合連合会
    ・宮城県町村会
    ・宮城県認知症グループホーム協議会
    ・宮城県老人福祉施設協議会
    ・宮城県老人保健施設連絡協議会
    ・みやぎ小規模多機能型居宅介護連絡会
    ・宮城労働局
    ・宮城県教育委員会
    ・宮城県

    2.協議会での取組事業について

    〇部会について
    介護人材確保に向けた方策を検討するため,テーマ毎に3つの部会を設置しています。
    (1)情報提供・啓発部会
    〇介護の魅力向上の取り組み(リーフレット・映像ツール作成等)
    「介護の魅力発信のためのPRツール」
    〇イベントの検討・実施
    「介護の魅力フェスタinみやぎ」

    (2)人材確保・定着部会
    〇県内各地での研修実施(新人職員育成支援・中堅職員キャリア育成・施設管理者対象)
    平成28年度研修事業の御案内
    ・エルダー制度導入支援研修
    ・雇用管理改善事業(法人経営者,介護事業所管理者向け)
    ・キャリアアップ研修(介護事業所職員向け)
    ・小規模事業所サポート・出前研修(小規模事業所向け)
    介護新任職員交流会の御案内
    〇介護職員合同入職式の開催(再掲)
    「介護職員合同入職式」

    (3)職場環境改善部会
    〇介護事業所の人材確保・定着の取組に対する,認証評価制度の検討・実施 など
    「みやぎ介護人材を育む取組宣言認証制度」

    ■「宣言」「認証」のために介護サービス情報公表システムのHPで確認する項目

    <共通項目(従来からの6項目)>
    1.従業者の健康診断の実施状況
    2.事業所で実施している,従業者の資質向上に向けた研修内容・実施状況
    3.新任職員向け研修計画の策定(対象者有の場合)
    4. 〃   研修の実施記録がある(対象者有の場合)
    5.全ての現任の従業者向け研修計画の策定
    6. 〃    研修の実施記録がある

    <宮城県の独自項目(新設7項目)>
    1.理念・ビジョンの明文化
    2.職員が理念・ビジョンについて理解を深めるための取り組み(ミーティングなどでの確認状況)
    3.職員の就業状況や意向を定期的に確認する仕組みの存在
    4.給与体系又は給与表を導入し,職員に周知
    5.就業規則の作成及び周知(正規・非正規)
    6.仕事と育児・介護の両立を支援する取組
    7.新任職員向け研修計画の策定【再掲】

介護職員とケアマネージャーの確保

少子高齢化社会が問題とされている現在ですが、それに伴い介護に対する問題も増えてきています。

夫婦共働きの家庭が増える中で、家にご老人を1人で置いておくというのは不安が残りますよね。

1人暮らしの老人も増え、孤独死などの問題も増えてきています。

そうした問題が増えてくる中、各都道府県では介護施設を多く建設しています。

介護職員の人材不足も叫ばれていますが、ケアマネージャーの求人も施設の増加に伴い増えていっています。

施設が増えるのはいいことなのですが、介護職員はもちろん、その利用の架け橋となるケアマネージャーも必要とされています。

介護福祉施設では介護職員の求人と並行し、ケアマネージャー求人にも力を入れているわけです。

これから高齢化がますます進む中、介護福祉施設の増設だけでなく、介護職員、ケアマネージャーの確保とまだまだ課題が残されているようです。

逆をいえば、その方面の仕事を目指している方には、今後活躍の場が増えるということになります。

この機会に介護員、ケアマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。

老人保健施設における介護士求人について

日本は超高齢化社会をむかえており、各都道府県には多くの施設があります。

その中でも代表的な施設が老人保健施設です。介護保険の中核を担う施設であり、各都道府県における高齢者介護に対して大きく貢献をしています。

医療と介護の中間施設ともいわれており、医師や看護師、理学療法士などのリハビリテーション専門職が配置されているのが特徴になります。

もちろん、介護士も必要であり多くの介護士求人があります。

仕事の内容としては利用者の日常生活における介護やレクリエーションの提供などが主な内容になります。

日常生活の介護では食事や排泄、入浴などにおいて利用者が出来ないことを介助します。

その際には出来るだけ本人にがんばってもらうことを意識して行うことが重要です。

利用者本人ががんばることが生活リハビリテーションにつながり、身体機能のレベルアップや生活動作能力の向上につながるからです。

生活リハビリテーションで元気になることで自宅に帰れる人もおり、介護士の仕事をしていてやりがいを感じることができる瞬間です。

現在は介護士が不足していることもあり介護士求人は多くあるため興味がある人は利用してみましょう。

未経験OKの介護職求人募集状況

未経験OKの介護職求人をお探しのあなたに朗報です!
専門資格と経験をお持ちの方の転職はとても有利と言われていますが、介護職員として未経験や初心者の方にもチャンスはたくさんあります。
なぜなら、介護職員には実に多くの職種・就業形態・施設形態があり、常に求められているお仕事だからです。

次の項目では、どんな職場で働くことができるのか、どんなお仕事なのかを確認していきましょう。
あなたのお住いの近くにも多くの未経験OKの求人募集があり、これまでも多くの介護職員未経験・初心者の方が実際に希望の職場を見つけることができています。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護職福利厚生が有る介護施設

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ